あなたにオススメしたい据え置き型浄水器
2019年9月18日 据え置き型浄水器のメリットと選び方

据え置き型浄水器のメリットと選び方

日本は、世界から畏敬を込めて安全と水は無料(ただ)といわれることもあるほどで、水道水をそのまま飲めるのは日本では当たり前でも世界のほとんどの地域では当然ではありません。

先進国の中でも煮沸が必要だったり、飲み水はペットボトルで買うのが常識の国も数多くあります。日本で水道水は飲用に十分耐えるクオリティですが、その為には塩素による消毒など加工されており、よりおいしい水を飲むには浄水器が効果的です。浄水器には大きく分けて、据え置き型と蛇口取り付け型・ポット型の三種類があります。この分類は浄水器本体の形状・外見を基にしていますが、その性能もその外見である程度押し図ることができます。

据え置き型は本体を蛇口のわきに置いたり、またはシンクの下など見えない場所に収納することもできますが、この中では一番本体が大きく、その分フィルターなども高性能なものを搭載できるので、最も大きい効果が見込めます。一方、蛇口取り付け賀田はコンパクトで場所を取らないことと、比較的低価格なのが特徴ですが、性能面では据え置き型には及ばないことと、フィルター自体が小さいため消耗品としての交換頻度は高く、ランニングコストは若干多めです。

あとはポット型ですが、これも蛇口取り付け同様使い方が簡単なのが魅力ですが、性能面では小型のフィルターを見ずに着け混んでいるだけなので、流水に直接働きかける他の2タイプには見劣りします。浄水の性能と、消耗品の交換頻度を考えて、より大きな効果を手ごろなランニングコストで得るには据え置き型が最適です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *