あなたにオススメしたい据え置き型浄水器
2019年9月21日 据え置き浄水器で安心安全

据え置き浄水器で安心安全

水と電気、ガスを総称して生活必需品のライフラインといいますが、文明とともに発見・発明された電気やガスと異なり、生き物として不可欠な水道サービスはこの中で唯一市区町村などの行政がサービスにあたっています。

日本では蛇口から出てくる水は飲めて当たり前ですが、これは世界共通ではなく先進国でも煮沸したり、飲用水はペットボトルで購入するのが当然の地域も少なくありません。そのため、外国から背景を込めて日本は安全と水はタダと評されることもあります。しかし、いつでも飲用に耐えるためには塩素による消毒などの加工がしてあり、よりおいしい水を求めるなら浄水器が効果的です。

また、東日本大震災のような大型地震では地盤沈下によって水道管がダメージを受けて、水道水の品質が一時的に低下したこともあります。そこで、平時にはよりおいしい水のため、また非常時には水道水の安全を確保するために浄水器が有効です。浄水器には、外見で分類して据え置き型・蛇口取り付け型・ポット型の三種類があります。

据え置き型はこの3タイプの中で最も大きいですが、その分フィルターも大きいので高性能や、フィルターの交換頻度が少ない低ランニングコストが特徴です。一方、蛇口取り付け型は装着が簡単で価格も手ごろですが、本体が小さいので性能面では据え置き型に及ばず、又フィルターの交換頻度が多くてランニングコストは高めです。ポット型は、旅行などの携帯には便利ですが、性能面では流水に直接働きかける他のタイプに及びません。比較すると、自宅に備えるには性能とランニングコストで据え置き型が効果的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *